話題のウェアラブルスピーカー開封レビューはこちら

【ドイツ語】~のときを意味するwennとalsの使い分け

これを読むとできるようになること
ドイツ語で「~のとき」と言うときの wenn と als の使い分けができるようになる!

ドイツ語で会話やチャットをしていて「~のとき」と言いたい際、wenn と als のどちらを使ってよいかわからなくなったことがある。

英語だとだいたい when を使えば解決できるのだが、ドイツ語だとそうもいかない。

今回は、wenn と als の用法についてまとめていく。

wennとalsの使い分け
wenn は現在・未来の時を表わす。
wenn は現在・未来・過去において習慣・反復の意味の文をつくれる。
als は過去の時を表わす。

wenn

まずは例文から。

Wenn ich Nachricht von ihr habe, lasse ich es dich sofort wissen.”
彼女のニュースが入りしだい、直ちに君に知らせるよ。

Wenn die Ferien kommen, dann verreisen wir.
休暇になったら私たちは旅行に出る。

Wenn es Frühling wird, kommen die Zugvögel zurück.
春になるたびに、渡り鳥が帰ってくる。

このように、wenn は現在または未来に関して「~するとき,~になりしだい」という時間的な条件文をつくる

また、渡り鳥の例のように現在・未来の反復・習慣を示して「~のたびに」という意味をもつ。

 

別の例を見てみよう。

Meine Mutter Freute sich immer sehr, wenn ich sie besuchte.
母は私が訪ねるといつも大変喜んだ。

Ich habe mich immer sehr gefreut, wenn er mich angerufen hat.
彼が電話をくれるたび、私はいつもとても嬉しかった。

wenn は「~したときはいつも」というように過去に1回限りではなく繰り返して起こったことを言うこともできる

そして、immer を添えることで過去の反復の表現が支えられる

als

まずは例文から。

Als ich sie sah, grüßte sie mich höflich.
私が彼女に会ったとき、彼女は私に丁寧に挨拶した。

Als sie ausgehen wollte, klingelte das Telefon.
彼女が外出しようとしたとき、電話が鳴った。

Als er mich endlich angerufen hat, habe ich mich sehr gefreut.
彼が私にようやく電話をくれたとき、私はとても嬉しかった。

Als ich nach Hause kam, war niemand da.
私が帰宅したとき、誰もいなかった。

Als ich 13 Jahre alt war, wollte ich Astronaut werden.
私は13歳のとき、宇宙飛行士になろうと思っていた。

このように、als は過去のある時点1回限りの事柄を表わす時間的な条件文をつくる

「あのときはああだった」という場合は als を使うとよいだろう。

まとめ

「~のとき」を意味する als と wenn の用法をまとめた。

一般に als は過去の時を、wenn は現在・未来の時を表わす。

そして wenn は現在・未来・過去において習慣・反復の意味の文をつくれることがわかった。

また、wenn と als が導く副文は主文よりも前(文頭)に配置されることが多い。

 

それでは。

▼参考文献

クラウン独和辞典 三省堂 第3版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です