話題のウェアラブルスピーカー開封レビューはこちら

【スプラトゥーン2】現在のプレイ状況をレポート(2017年10月)

こんにちは。

2017年10月のレポートです。

プレイ時間

前回:300時間
現在:440時間以上

ゲームの進行度

ランク

50(カンスト)

塗り面積

前回:1,332,592P(セントラルパーク級)
現在:1,804,007P(マチュ・ピチュ級)

ガチマッチウデマエ

前回:
ガチエリア:A-(S)
ガチヤグラ:A+
ガチホコ:A+(S)

現在:
ガチエリア:S+0(S+0
ガチヤグラ:S(S)
ガチホコ:S(S+0

() は最高値

Sが平均的なウデマエになってきた。
エリアとホコではS+まで上がることができ、負けが多いものの勝つ試合も見られる。
一時期エリアがまったく勝てずB+やA-にまで下がることがあったが現在は持ち直している。

よく使うブキ

1. ラピッドブラスター

前回:勝利数758、塗りポイント999,999P(カンスト)
現在:勝利数957、塗りポイント999,999P(カンスト)

ラピッドブラスターエリートやロングブラスターの登場、さらにクラッシュブラスターがアプデにより性能向上したものの、やはり安定して勝てるのはラピッドブラスターだ。

2. バレルスピナー(ヒーロースピナーレプリカ)

前回:記録なし
現在:勝利数123、塗りポイント212,810P

相手で対面して一番イヤだったのがこのバレルスピナー。自分でも使ってみると安定したキル性能と塗り性能があり気に入ったのでよく使っている。アプデによりヒト速効果が乗りやすくなったのもポイントだ。

3. スプラマニューバー(ヒーローマニューバーレプリカ)

前回:記録なし
現在:勝利数13、塗りポイント32,343P

まだ使い始めのマニューバー。スペシャルのマルチミサイルが有能で、スペシャル増加量アップギアを積むと一試合で10回も打つことができる。塗りを意識すると光るブキだと思っている。ただ、マニューバー独特の動きには未だ慣れておらず、クイボとの連携もこれから要練習。
4面のボス・タコツボビバノンがなかなか倒せずヒーローマニューバーレプリカを取るのに苦労した。他の人がヒーローマニューバーレプリカを使っていたら思わず「ナイス」してしまいそうだ。

よく使うギアパワー

ラピッドブラスター:

★★★ サブ性能アップ
★★★ 
カムバック
★★☆ 爆風ダメージ軽減
★★☆ インク効率アップ(メイン)
★☆☆ 対物攻撃力アップ
★☆☆ インク回復力アップ

ラピッドブラスターのギアはほぼ安定してカムバック、サブ性能アップ、そしてメインインク効率か爆風ダメージ軽減となっている。
サブ性能アップに関しては、今回のアプデでセンサーの効果継続時間延長の機能が追加されたのでさらに重宝している。
爆風ダメージ軽減については、イカスフィアの脅威が落ち着いたものの、スプラシューターはラピを見るやいなやクイボ連携で食いかかってくるのでその対策として有用。
また、ガチホコバトルの際は対物性能アップを付けてもいい。これについては別記事で紹介済み。

バレルスピナー:

★★★ ヒト移動速度アップ
★★☆ インク効率アップ(メイン)
★★☆ サーマルインク
★★☆ 対物攻撃力アップ
★☆☆ イカ移動速度アップ

バレルと言えばやはりヒト移動速度アップだろう。
サーマルインクや対物攻撃力アップはステージやルールによって採用を決めている。
近距離ブキに近づかれた時の対策としてイカ速を付けておくのもけっこういい。

スプラマニューバー:

★★★ スペシャル増加量アップ
★★★ 相手インク影響軽減
★★☆ 爆風ダメージ軽減
★★☆ 受け身術

上にも書いたように、スペシャルの回転が非常にいいブキだと思うのでスペシャル増加量アップを積むといっぱい撃てて楽しい。
また、前線ブキに必須と言っていい相手インク影響軽減も効果は見えづらいが付けている。
アップデートで全方向に取れるようになった受け身術は、正直まだまだ実用的ではないと感じるが一度で合わせて3回コロコロできるのでお楽しみとして付けておくのもいい。

 

サーモンラン

たつじん バイトガール(99~)
評価レート 200%超え
シャケト場は相変わらず楽しいけどグリルは”わかっている”仲間じゃないとキツイ。ドン・ブラコは船の上で戦い敵を引きつけるように意識したら安定することがわかったので実践している。

 

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です