話題のウェアラブルスピーカー開封レビューはこちら

SEL90M28G(FE 90mm F2.8 Macro G OSS)は素晴らしいレンズである。

この記事の概要
SONY Eマウント用レンズ SEL90M28G を購入したのでその作例を数点お見せします。

SEL90M28Gは素晴らしいレンズである。

こんにちは、@enic_alpha です。

久々に新しいレンズを購入しました。

前々からずっと欲しかったマクロレンズSEL90M28Gであります。

 

このマクロレンズを使いたかった理由は簡単で、ボクが撮りたいものや撮影する環境に合致していたからです。

例えば金属、花、小物、室内での撮影といったように。

 

また、90mmという画角も好きであり、他の画角に比べると個人的には撮りやすいと感じる中望遠というのも理由のひとつです。

 

ボクはもうひとつBatis85という画角85mmのレンズも所有しております。

そちらもZEISSらしく空気感を写し出す本当に素晴らしい一本でありまして、SEL90M28Gと画角は被っていますが撮影シーンを使い分けることによって活かせると実感しています。

 

さて、それでは本題の作例を。

例によりまして横浜は西洋館周辺での作例を中心にお見せしていきます。

元画像はFlickrにありますので、よければクリックしてご覧ください。

なお、作例はすべてJPEG撮って出しです。

 

DSC06412ILCE-7M2 SEL90M28G f/2.8 1/125s ISO100

これは近所のお宅にあった柑橘系の実です。

ミカンでしょうか。いまは秋の入り、まだ青々としています。

最短撮影距離ではありません。もっと寄れましたが画の構成を考えて引きました。

マクロだからと言っていつも寄ればよいのではないというのはこの時に気づいたことです。

 

DSC06413ILCE-7M2 SEL90M28G f/4 1/100s ISO100

立入禁止と書いてあって隙間があいていたらつい入りたくなってしまいますね。

奥には何があるのだろう。そんなことを想像させる一枚。

 

DSC06415ILCE-7M2 SEL90M28G f/2.8 1/2000s ISO100

ピント面は噴水の水です。

拡大してもらうとわかりますが、泡のひとつひとつまでつぶさに捉えています。

左上にはボンヤリと親子が写っています。

 

DSC06420ILCE-7M2 SEL90M28G f/2.8 1/1250s ISO100

さて、マクロレンズらしくない作例が続きます。

なんでかって、中望遠レンズとしてとても優秀で、ピント面はパキッとそしてボケはフワッと気持ちよく撮れるからです。

建物の写真もよく撮れます。

これはf2.8での撮影ですが、2段くらい絞るともっと良くなるでしょう。

 

DSC06423ILCE-7M2 SEL90M28G f/2.8 1/2000s ISO100

つくづく自分は中望遠のこの画角が好きです。

こちらはフランス山公園にあります風車です。

現像時にシャドー部を持ち上げようと思ったので風車は暗めになっています。

 

DSC06425ILCE-7M2 SEL90M28G f/8 1/160s ISO100

さあ、ようやくマクロレンズの機能が活躍した一枚です。

最短に近い距離で小さいものを撮影すると、F/8まで絞っても対象物全体にピントを合わせるのが難しい。

解放のf/2.8で撮ろうものならほとんどがボケボケになってしまいます。

でも例えば全体ではなく花びら一枚などにフォーカスしたいときにはその選択になってくるのではないかと。

 

DSC06433-minILCE-7M2 SEL90M28G f/2.8 1/250s ISO100

ちょっと微妙な構図になってしまっていたので、正方形に切り出しています。

ネコです。

見た目的にネコの神様やそれに近い高貴な雰囲気が漂います。

 

DSC06434ILCE-7M2 SEL90M28G f/4 1/500s ISO100

小さな白い花をマクロモードで。

撮影した後に気づいたことですが、右手と中央の白い花のしべ、そして左手の蕾の3つにピントが合っています。

こういう平面でピントを捉える考え方は撮影時にも持っておきたいところ。

それにしても、もう少しフワッとした幻想的なマクロらしい撮影方法を身に付けたい。

 

DSC06436ILCE-7M2 SEL90M28G f/2.8 1/2500s ISO100

青い空に南国風の樹。

実に爽やかです。

 

DSC06439ILCE-7M2 SEL90M28G f/2.8 1/250s ISO100

木の枝の先に蝶々が止まっています。

被写体の性質上、少し背景のボケがざわざわしますね。

 

⑪~⑬

DSC06443ILCE-7M2 SEL90M28G f/4 1/100s ISO250

 

DSC06441ILCE-7M2 SEL90M28G f/2.8 1/200s ISO100

 

DSC06440ILCE-7M2 SEL90M28G f/2.8 1/200s ISO100

 

おわりに

ボケがきれい、中望遠、なのに寄れる。

ボクにとってはこれ以上ない条件のレンズだということがこの試写でわかりました。

なぜもっと早く買わなかったのだと少し悔しい気持ちさえ湧いてきます。

それほどによいレンズです。

 

またしばらく撮ってみて感想や作例を載せていきます。

 

それでは、ここまで見てくださってありがとうございました。

よければまた来てくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です