話題のウェアラブルスピーカー開封レビューはこちら

Lang-8 を使って効果的にドイツ語を勉強しよう!

この記事の概要
相互添削によるコミュニケーションツール Lang-8 を紹介します。

勉強、どうやってしていますか?

Guten Tag (-c-)ノシ
こんにちは、enic です。

みなさんはドイツ語をどうやって勉強していますか?

単語帳とか文法書とか問題集とか、色んなテキストを買ってそれに取り組んで、いわゆる「勉強」って感じの勉強でしょうか。

これはもちろん言語習得には必要ですし、ひとりで完結するのはいいところですよね。

ところでこんな序盤に話はズレますが、単語帳とかドイツ語関連書籍ってなぜかわからないですけどいっぱい買っちゃいますよね。

ボクもそのひとりです。それを買うことに意味がある的な… 😀

 

さて、勉強とヒトコトで言ってもその方法はたくさんあって、中でも「インプット」と「アウトプット」のふたつに大きく別れます。

ドイツ語をはじめとした言語習得だけでなく様々な事柄の勉強に言えることですね。

インプットは上にもあるとおり、ひとりで完結するプロセスが大半ですが、とってもツラく感じる方も多いでしょう。

受験勉強の日々を思い出すとそれはもう。。。

そして、アウトプットは他の人がいないと上手にできないことが多いですよね。

問題集でひたすら問題を解くというのも、とてもよい個人的には大好きなアウトプット手法のひとつです。

しかし実際のところ実践的なアウトプットもしたい。

Lang-8 というサイト、知ってる?

前置きが長くなりましたが、アウトプットのための効果的なツールをここにシェアします。

なんと12か国語を操るロディさんという方がいらっしゃるそうで、その方との対談をされた Ayumi(@ayumitabinote) さんのブログからご紹介します。

こちらは Ayumi(@ayumitabinote) さんのブログ:外部リンク です。

参考

12ヶ国語を操るスーパーオランダ人に、語学習得のコツを伝授してもらいました!【インタビュー】たびのーと

こちらのブログでロディさんが紹介している Lang-8 (ランゲート)というサービスにボクも参加してみました。

lang-8 : enic_alpha のページ

簡単に言うと、自分の母語と自分が学んでいる言語を設定して、自分が勉強中の言語で書いた日記を添削してもらったり自分の母語を勉強中の人が書いた日記を添削したりするサイトです。

数日間、他の方が書いた日本語の添削や自分が書いたドイツ語の添削を受けてみての率直な感想は、めちゃめちゃ楽しいです。

自分のドイツ語が伝わること、同じようにドイツ語を学んでいる人がいること、日本語を学んでいる人がたくさんいてボクよりも知識があること。

そしてなにより、生身の人間の添削レスポンスがすぐに返ってくることに感動しました。

添削する方なりの言い方でコメントしてくれるので「そういう言いかたもあるんだな」と、とても勉強になります。

 

もちろん、添削してもらうだけでなく添削してあげることも必要ですよ。

ボクはむしろそっちのほうが楽しかったりします 🙂

 

特に、自分のことや自分が好きなものについて書いていいので、知識の定着が超効率的です。

文章を書くときに

ボク
あ~アレを伝えたいのに言い方がわからない!
とか
ボク
覚えた文法を使えるようになってる!

といったように、アウトプット→インプット→アウトプットを自然なかたちでおこなえるのでお勧めです。

 

とにかく、間違えていいから書いて直してもらうのが何より大事です。

間違えても全然はずかしくないです。だって勉強中なんだから。

「ここは間違える場だ」くらいのスタンスで臨めば上達間違いなしですね!

おわりに

Lang-8 を使った勉強のしかたをシェアしました。

皆さんも使ってみてね。

それでは、ありがとうございました(*^_^*)ノシ

Tschüss!!

=*=*=*=*=*=*=*=*

2 Comments

Chiaki Horii

こんにちは〜。インスタでフォローさせていただいている『chiaki』です。
こんな素敵✨なシステムがあるなんて。Hello talkとは また違うんですね。
ご存知のとおり、私にはに息子がいるんですが、同じことをしてるみたいですね(笑)、私たち親子。
また こちらの方も時々 お邪魔させてくださーい。では

返信する
enic

Chiaki Horii さん
コメントありがとうございます(*^_^*)拙いブログですが読んでいただけてとてもうれしいです!
Hello talkも有名ですよね。Lang-8はこれだけ誉めておきながら一度書いたっきりほったらかしですが楽しめるツールですよ。でも息子さんのような方がいればそれが一番いいと思います
近いうちにイギリスドイツ旅行の写真記事を予定していますのでそちらもどうぞお楽しみに!Instagramでもこれからもよろしくです:-)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です