話題のウェアラブルスピーカー開封レビューはこちら

【海外からの流入をのがすな!】Google翻訳ツールをブログに追加する方法

この記事の概要
ブログにGoogle翻訳のツールバーをすっきりと配置する方法を紹介します。

 

こんにちは、enic(@enic_alpha)です。

さて、今回はGoogleの翻訳ツールバーをブログにのっける方法を共有します。

 

あなたのブログにせっかく来てくれたユーザーさんを「日本語だから」という理由でのがすのはもったいないですよね。

Googleアナリティクスのレポートを見て、ちらほら海外からのアクセスがあるのはわかっているんだけど外国語で書くのはむずかしいし時間もかかる…

 

そういう方はぜひこの方法をためしてみてください!

 

ブログにGoogle翻訳をのっけるには

あなたのブログ上に翻訳ツールを追加するべんりな機能をGoogleが用意してくれています。

translate.google.com

 

Google 翻訳の自動翻訳機能を直接ウェブサイトで利用できます。無料の「ウェブサイト翻訳ツール」プラグインを使うと、ウェブサイトをすばやく簡単に世界中の人に見てもらえるようになります。

 

↓まずはここでブログのURLを入力して記事を書いている言語を選択したら、

 

↓翻訳したい言語、表示モード、詳細設定を選びます。

 

『enic のプラスα!』では、表示モードを横にしています。

また、「Googleアナリティクスを使用して翻訳トラフィックを追跡する。」を選びました。

 

アナリティクス ウェブ プロパティIDの取得方法は

アナリティクス ウェブ プロパティID の取得方法はこちら。

  • Googleアナリティクスのアカウントページに行く
  • すべてのウェブサイトデータ から 管理 タブをクリック
  • プロパティ > トラッキング情報 > トラッキングコード と進む
  • UA-xxxx-xx」と表示してあるのがあなたのアナリティクス ウェブ プロパティID

 

そして!

取得できたコードをブログのhtmlや好きなところに貼りつければツールバーが表示されます。

 

PCとスマホで貼りつける場所を工夫しよう

『enic のプラスα!』では、WordPress そして Simplicity を使っています。

Simplicity はパソコン用とモバイル用でテキストウィジェットを分けることができます。

外観 > ウィジェット の操作から、PCの場合はサイドバーのトップに、スマホの場合はパンくずリストとタイトルの間に表示されるようにしました。

 

たしかに、コードの発行時に「ユーザーの言語がページの言語と異なる場合に自動的に翻訳バナーを表示する」の指定ができます。

ですが、念のため画面をひらいてすぐに目につくところに置くことで離脱を少しでも防げればと思ったのでこのようにしました。

 

特にスマホはスクロールしないと翻訳できないようではいけないという考えで、画面のいちばん上に配置しています。

ちょっとデザインが悪くなるかもしれませんが、しばらくこれで様子をみます。

 

あと、実はJetpackのGoogle翻訳ウィジェットもあってはじめはそれを使っていたのですが、スマホでリストを選択するときに選択肢がビヨーンと横に伸びてしかもスクロールができなくて使い勝手がわかりづらかったので今回のやり方を採用しました。

 

おわりに

今回は、Google翻訳ツールをブログに追加する方法を共有させてもらいました。

皆さんのお役に立てたら幸いです。よかったらコメント下さい。

 

また来てくださいね。

 

それでは(*^_^*)ノシ

=*=*=*=*=*=*=*=*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です