話題のウェアラブルスピーカー開封レビューはこちら

分離動詞の前つづり durch- の意味を5つにまとめた!

この記事で解決すること
ドイツ語 分離動詞の前つづり durch- はどういう意味があるのか知りたい!

分離動詞の前綴りをまとめるシリーズ durch- 編

Guten Tag!

こんにちは。

分離動詞シリーズ、今回は durch- についてまとめていきます。

それでは、Bitte schön♪

0. 序章

今日はせんせーによる durch- についての授業…
(しばし寸劇にお付き合いください)
せんせー
おっほん!今回は分離動詞の前綴り durch- について説明するぞ。
まずはこの表を見るのじゃ。

表1:分離動詞の前つづり durch- が持つ意味

Num.BedeutungBeispiel
1通過,貫徹durchgehen (通過する)
2目的の達成,困難の排除durchkämpfen (戦い抜く)
3全期間durchschlafen ((目を覚まさず)眠り続ける)
4酷使による破損durchbrennen ((ヒューズ・電球などが)切れる)
5《再帰動詞をつくる》sich4 durcharbeiten (苦労して先へ進む)
せんせー
それでは、ひとつずつ見ていくとするかのう。

1. 通過,貫徹の durch-

せんせー
まずは、「通過,貫徹」をあらわす durch- じゃ。
durchgehen (通過する)
durchdringen (突き抜ける,しみ通る)
durchfahren (通過する;走り続ける)
durchfallen (落第する;抜け落ちる)
が挙げられるのう。

例文)
Bitte, durchgehen!
立ち止まらないでどんどん進んでください.

Der Regen ist uns bis auf die Haut durchgedrungen.
雨がしみ通って私達は肌まで濡れた.

Der Zug fährt in Halle durch.
その列車はハレには止まらない.

Die Oper ist bei dem Publikum durchgefallen.
このオペラは聴衆に迎えられなかった.

2. 目的の達成,困難の排除の durch-

せんせー
次に「目的の達成,困難の排除」をあらわす durch- じゃ。
durchhelfen ((人3に)手を貸して通り抜けさせる)
durchbringen ((候補者を)当選させる;合格させる;(法案を)通過させる)
durchkämpfen (戦い抜く)
durchdenken ((最後まで)考え抜く)
といった単語がある。

例文)
Ich half mir endlich selbst durch.
私はついに独力で苦境を切り抜けた.

den Kranken durchbringen
病人の生命を救う.

3. 全期間の durch-

せんせー
全期間」をあらわす durch- じゃな。
durchschlafen ((目を覚まさず)眠り続ける)
durchwachen ((一定時間)眠らずに起きている)
durchmachen ((何かを)ぶっ通しでやる)
durchtanzen ((何時間か)続けて踊る)
などじゃ。

例文)
die ganze Nacht durchmachen
夜通しやる.

4. 酷使による破損の durch-

せんせー
次は「酷使による破損」をあらわす durch- じゃ。
durchsitzen ((ソファーの布地やズボンの尻などを)擦り切れさせる)
durchbrennen ((ヒューズ・電球などが)切れる)
といった単語じゃのう。

5. 再帰動詞をつくるはたらきをする durch-

せんせー
再帰動詞をつくるはたらきをする」をあらわす durch- じゃな。
sich4 durcharbeiten (苦労して先へ進む)
sich4 durchfragen (道を尋ねながらたどり着く)
じゃのう。

例文)
Ich habe mich nach dem Bahnhof durchgefragt.
私は何度も道を尋ねて駅にたどり着いた.

まとめ

表2:分離動詞の前つづり durch- が持つ意味 まとめ

Num.BedeutungBeispiel
1通過,貫徹durchgehen (通過する)
2目的の達成,困難の排除durchkämpfen (戦い抜く)
3全期間durchschlafen ((目を覚まさず)眠り続ける)
4酷使による破損durchbrennen ((ヒューズ・電球などが)切れる)
5《再起動詞をつくる》sich4 durcharbeiten (苦労して先へ進む)
せんせー
以上が durch- の大まかな意味じゃ。
分離動詞の前つづり durch- は、通過する,貫通する,やり尽くす,打破する,擦り切れさせるというイメージで覚えるとよい。
特殊な例として再帰動詞をつくるはたらきもあったのう。
ボク
今日も勉強になりました。

今日は durch- について勉強したボク。分離動詞の旅はまだまだ続きます。

ということで、分離動詞シリーズでした。
参考文献 三省堂 クラウン独和辞典(第3版) でお送りしました。

ありがとうございました(*^_^*)ノシ

Tschüss!!

=*=*=*=*=*=*=*=*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です