話題のウェアラブルスピーカー開封レビューはこちら

【ドイツ語】ドイツ人家族5世代の歴史の話・前編

この記事の概要
ふだん教科書として使っている『Themen aktuell 2』から学習したことをまとめていく。

今回は、ドイツ人家族5世代の話・前編と題して曾々祖母、曾祖母、祖母、母、子の5世代に渡ってそれぞれがどのような人生を送ってきたのかを紹介する。

まずは本文からドイツ語を引用する。注目すべき文法箇所には下線を引いた。

そしてその後に、僕がざっくり日本語に訳して本文下線部を解説している。

関連記事も併せて確認してほしい。

それでは見ていこう。

Fünf Generationen auf dem Sofa

導入

本文

So ein Foto gibt es nur noch selten: fünf Generationen auf dem Sofa. Zusammen sind sie 244 Jahre alt: von links Sandras Urgroßmutter Adele (75), Sandras Großmutter Ingeborg (50), Sandra (2), Sandras Mutter Ulrike (23), Sandras Ururgroßmutter Maria (94).
Zwischen der Ururgroßmutter und der Ururenkelin liegen 92 Jahre. In dieser langen Zeit ist vieles anders geworden, auch die Familie und die Erziehung.

ざっくり訳

5世代がソファーに並んでいる、こんな写真は今日ではめったに見られない。合わせて244歳だ。左からSandra の曾祖母 Adele 75歳、Sandra の祖母 Ingeborg 50歳、Sandra 2歳、Sandra の母 Ulrike 23歳、そして Sandra の曾々祖母 Maria 94歳。
曾々祖母と曾々孫の差は92年―この長い年月で多くが変わった。家族、そして教育についても。

解説

In dieser langen Zeit ist vieles anders geworden, ~

「〜になる」という意味の werden は過去完了形は sein を取って geworden sein となる。

文章を整理すると以下。

・主  語:vieles
・動  詞:geworden sein
・副  詞:anders
・前置詞句:in dieser langen Zeit

直訳すると「この長い年月で多くのことが違ったふうになった」となる。

Mit 30 hatte sie schon sechs Kinder.

はじめは曾々祖母 Maria の話。

本文

Maria lebt in einem Altersheim. Trotzdem ist sie nicht allein; eine Tochter oder ein Enkelkind ist immer da, isst mit ihr und bleibt, bis sie im Bett liegt. Maria ist sehr zufrieden – viele alte Leute bekommen nur sehr selten Besuch. Marias Jugendzeit war sehr hart. Eigentlich hatte sie nie richtige Eltern. Als sie zwei Jahre alt war, starb ihr Vater. Ihre Mutter vergaß ihren Mann nie und dachte mehr an ihn als an ihre Tochter. Maria war deshalb sehr oft allein, aber das konnte sie mit zwei Jahren natürlich noch nicht verstehen. Ihre Mutter starb, als sie 14 Jahre alt war. Maria lebte dann bei ihrem Großvater. Mit 17 Jahren heiratete sie, das war damals normal. Ihr erstes Kind, Adele, bekam sie, als sie 19 war. Mit 30 hatte sie schließlich sechs Kinder.

ざっくり訳

【彼女は30歳で6人の子がいた】
Maria は老人ホームに住んでいる。しかしながら彼女はひとりぼっちではない。というのも娘や孫がいつもそこにいて、一緒に食事をしたり彼女が就寝するまでそばにいるからだ。Maria はとても満足している。多くの高齢者たちはめったに訪問などないのだ。Maria の青春時代はとてもつらいものであった。じつは彼女には生みの親がなかった。彼女が2歳のとき、父が亡くなった。彼女の母は夫のことを忘れられず、娘よりも彼のことを強く思っていた。Maria はそれ故にひとりぼっちで、だがしかし2歳の彼女には当然そんなことはまだ理解できないのであった。Maria の母は彼女が14歳のときに亡くなった。Maria はそれから彼女の祖父のところで生活した。17歳で結婚した。当時はそれが普通のことであった。初めての子 Adele を授かったのは19歳の頃であった。30歳のとき最終的に彼女には6人の子どもがいた。

解説

Als sie zwei Jahre alt war, starb ihr Vater.

接続詞の als の用法。過去の出来事を「~したとき,~だったとき」とあらわすときに使う。

【ドイツ語】~のときを意味するwennとalsの使い分け

 

Ihre Mutter vergaß ihren Mann nie und dachte mehr an ihn als an ihre Tochter.

denken an et4 / j4 で、「(何4 / 人4 のことを)思う,思い浮かべる,思い出す」という意味になる。

またここでは、Ihre Mutter dachte mehr an ihn als an ihre Tochter. と比較級を用いることで「娘より彼のことをより思った」となる。

Sie wurde nur vom Kindermädchen erzogen.

次に曾祖母 Adele の話。

スポンサーリンク

本文

Adele lebte als Kind in einem gutbürgerlichen Elternhaus. Wirtschaftliche Sorgen kannte die Familie nicht. Nicht die Eltern, sondern ein Kindermädchen erzog die Kinder. Sie hatten auch einen Privatlehrer. Mit ihren Eltern konnte sich Adele nie richtig unterhalten; sie waren ihr immer etwas fremd. Was sie sagten, mussten die Kinder unbedingt tun. Wenn zum Beispiel die Mutter nachmittags schlief, durften die Kinder nicht laut sein und spielen. Manchmal gab es auch Ohrfeigen. Als sie 15 Jahre alt war, kam Adele in eine Mädchenschule. Dort blieb sie bis zur mittleren Reife. Dann lernte sie Kinderschwester, musste jedoch die Ausbildung wegen des Krieges abbrechen. Aber eigentlich fand sie es nicht so wichtig, einen Beruf zu lernen, denn sie wollte auf jeden Fall lieber heiraten und eine Familie haben. Auf Kinder freute sie sich besonders. Die wollte sie dann aber freier erziehen, als sie selbst erzogen worden war, denn an ihre eigene Kindheit dachte sie schon damals nicht so gern zurück.

ざっくり訳

【彼女は保母だけに育てられた】
Adele は裕福な家庭で育った。家庭には経済的な心配はなかった。両親ではなく保母が子どもたちを育てた。彼女には家庭教師も付いていた。Adele は両親とおしゃべりすることはなかった。彼らはいつもどこかよそよそしかった。子どもたちは、両親が言ったことを絶対にしなければならなかった。例えば母が昼過ぎに寝ているときは、子どもたちはうるさくしたり遊んだりしてはならなかった。(それを破ったときは)時たま平手打ちすることさえあった。15歳のとき、Adele は女学校に入学した。彼女はそこに中学卒業資格までいた。それから彼女は看護師を学んだ。しかしその職業教育は戦争のせいで中断せねばならなかった。だが彼女は職業訓練をそこまで重要と考えていなかった。彼女は何としても結婚をして家族を持ちたかったのだ。彼女は特に子ども持つのを楽しみにしていた。彼女は自身が教育を受けたときよりも自由に子育てがしたかった。というのも彼女の子ども時代を振り返るとそんなによくなかったと考えたからだ。

解説

Nicht die Eltern, sondern ein Kindermädchen erzog die Kinder.

重要表現「AでなくB」をあらわす nicht A sondern B である。

 

Was sie sagten, mussten die Kinder unbedingt tun.

不特定の事柄を言うときに使う was。Was sie sagten までで「彼らが言うこと(は何でも)」という意味になる。

 

〜, kam Adele in eine Mädchenschule.

in eine Schule kommen で「(学校に)入学する」となる。

一方、in eine Schule gehen は「学校に通う」。

【ドイツ語】違いがわかる?in die Schule kommen と in die Schule gehen

 

Dann lernte sie Kinderschwester, musste jedoch die Ausbildung wegen des Krieges abbrechen.

wegen は後ろに2格をとって「~のために,~のゆえに」と原因や理由を示す前置詞句をつくる。
deswegen との使い方で混乱しないよう注意しよう。

 

~, denn sie wollte auf jeden Fall lieber heiraten und eine Familie haben.

「絶対に,何としても(100%)」の意味を持つ auf jeden Fall。
反対の意味(0%)は auf keinen Fall。

また、denn は最終文にも出てくるが「というのは~,なぜなら~」という並列の接続詞。

【ドイツ語】理由を意味する表現の使い分け

 

Die wollte sie dann aber freier erziehen, als sie selbst erzogen worden war, ~

受動態の過去完了形。この文章の時の流れが理解できるだろうか。

まず受動態の完了形は sein + 過去分詞 + worden である。
しかし彼女が「教育を受けた」のは、彼女が「望んだ(wollen)」よりも以前の話なので sein を過去形にして erzogen worden war となる。

また、彼女が教育を受けたときの「~のとき」を意味する als の使い方は以下を参照。

【ドイツ語】~のときを意味するwennとalsの使い分け

前編まとめ

60~80年前を見ると、平均寿命の短さ、戦争、世間の風潮や家の決まりによって結婚が早かった。

Maria は30歳には既に6人も子どもがおり、出産に関して今とは大きく異なることがわかる。

Adele は親に厳しくしつけられた。その反動か、彼女は自分の子供のことは自由に育てようと決心する。

 

以上、次回に続く。

【ドイツ語】ドイツ人家族5世代の歴史の話・後編

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です